余ったたこ焼きの正しい保存方法と正確な賞味期限について




余ったたこ焼きの正しい保存方法と
正確な賞味期限について
気になったので調べてみました。

スポンサードリンク


1. たこ焼きはどれぐらいで腐る?
どうなったら捨てるべき?

夏場では状況により
半日でもだめになってしまいます。

たこ焼きのにおいをかいでみて、
酸っぱいにおいや
納豆のにおいなどと異臭がしたり、

味をみて、
酸っぱい味や納豆のような味がした場合は、
もったいなくても食べることはやめましょう。

また、
糸を引いていたり、
カビが生えている場合や
妙に粘つく場合なども、
問答無用で潔く捨てましょう。

ソースににおいで痛んでいること
ごまかされないようにしたいですね。

熱い時期に常温で1日
おいておいたようなものは
食べることは避けた方が無難です。

2. たこ焼きは常温保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

たこ焼きは常温保存できません。

季節を問わず、
常温での保存はやめてください。

夏場はもちろんのこと、
冬場でも暖房で部屋が
暖まっている部屋での
常温保存は危険です。

よくあるのが、
お祭りなどで買ってきたたこ焼きを、
次の朝に食べるということ。

特に夏場などの暑い時期には、
常温で置きっぱなしにされた
たこ焼きを翌朝食べないことが
無難です。

常温でおいておくのは
粗熱が取れるまでを目安にしてください。

たこ焼きの常温での保存は、
賞味期限、4~6時間くらい。
(季節や地域、環境によって異なります。)

3. たこ焼きは冷蔵保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

たこ焼きは冷蔵保存できます。

粗熱が取れたたこ焼きを
お皿に重ならないようにし、
ラップで包みます。

外の空気が入らないようにすれば
特に問題はありません。

そのまま、
冷蔵庫で保存しましょう。

たこ焼きを冷蔵保存する場合、
ソースをかけて保存すると

ソースの水分でべちゃっとしてしまうので、
ソースをかけずに保存するのがこつです。

食べきれない量を店舗で買う場合は、

ソースなしで(ソースを別に貰ったり)購入し、
冷蔵保存後、
食べる時に温めてから
ソースを後からかけると美味しく食べられます。

たこ焼きの冷蔵での保存は、
賞味期限、1日です。

4. たこ焼きは冷凍保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

たこ焼きの冷凍保存はできます。

たこ焼きの粗熱が十分取れたら、
タッパーやフリーザーバッグなどの
密閉できる容器に入れ、
空気をしっかりと抜いて冷蔵庫で保存します。

もし、
金属製のトレーがあれば、
それを使用するといいでしょう。

金属製のトレーの上にのせ、冷凍します。

金属製のトレーを使うことで、
素早く冷凍できるので、

たこ焼きの劣化を多少ですが
防ぐことができます。

解凍方法は、
食べたい分だけお皿に乗せて、

電子レンジでチンすることで
食べることができますが、

揚げたこ焼きやオーブンで
焼きたこ焼きにしたりすると、

また美味しくいただけます。

たこ焼きの冷凍での保存は、
賞味期限、2週間くらいです。

スポンサードリンク

5. まとめ・たこ焼きの最適な保存方法

たこ焼きの最適な保存方法は
「冷蔵保存」です。

粗熱を取ったたこ焼きを
お皿に重ならないよう並べて、
外の空気が入らないように
ラップで包みます。

そのまま、
冷蔵庫で保存しましょう。

とはいえ、
たこ焼きはやはり作り立てが
一番美味しいのです。

できるなら、
作り立てを温かいうちに
温かいままいただきたいものですね。

冷蔵保存にしても、
冷凍保存にしても、
食べる時にアレンジを加えたりすると
さらに美味しくいただけます。

「あげたこ焼き」
「焼きたこ焼き」など、
色々と試してみてもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ