シチューの保存方法は夏と冬で違う 冷蔵庫保存か冷凍保存どっち?




シチューの保存方法は
夏と冬では腐りやすさが違うので
保存方法も変わってきます。

冷蔵庫保存か冷凍保存どちらが
最適なのか気になったので
調べてみました。

スポンサードリンク


1. シチューはどれぐらいで腐る?
どうなったら捨てるべき?

シチューはジャガイモと乳製品を
つかっているので腐りやすく、

季節や保存状態によりますが、
半日から1日でだめになってしまいます。

夏場などの夕方作ったものが、
翌朝には腐っていたりします。

シチューから酸っぱいにおいがしたり、
味をみて酸っぱい味が
する場合はやめておきましょう。

異臭がしたり、
カビが生えていたら、
問題外です。

また、糸を引いていたり、
へんな粘り気がある場合も
速やかに捨てましょう。

ちょっとで少しでも
酸味を感じるようなら捨ててしまいましょう。

2. シチューは常温保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

シチューの常温保存は可能ですが、
おすすめしません。

ジャガイモと乳製品は腐りやすいですので、
常温保存はどの季節であっても
やめたほうがいいでしょう。

もし、
シチューを常温保存しなければならない場合は、
数時間おきにかき混ぜながら
中まで火が通るようにしっかりと加熱すると

殺菌されますので、
日持ちするかと思いますが、
少々手間がかかりますが、
こまめに加熱することが重要です。

食べる前にもしっかりと
全体を加熱することが必要です。

シチューの常温での保存は、
賞味期限、半日。

夏場は半日もたないこともあります。

冬場は、寒いところにおいて1日くらいです。

3. シチューは冷蔵保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

シチューの冷蔵保存はできます。

シチューを冷損保存する前には、
しっかりと冷ましてから保存します。

シチューがいたまないよう、
急速に冷やすことが大切なので、

お鍋自体を、
流水などで冷やしながら冷ますのも良いです。

また、
かき混ぜながら、
うちわなどであおぐと早く冷ますことができます。

保存のために、
冷やしたお鍋のまま冷蔵庫にいれると
余計な雑菌がはいらず良いです。

タッパーやジップロックなどで
できるだけ空気を
だし密閉するのもいいでしょう。

食べる前にはしっかりと
沸騰するくらいに火をとおします。

シチューの冷蔵での保存は、
賞味期限、1~2日です。

4. シチューは冷凍保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

シチューの冷凍保存は可能です。

シチューは、そのまま冷凍すると、
具材のじゃがいもやにんじんが
解凍時に食感が変わってしまいます。

あらかじめ取り除いておくか、
潰してしまうといいです。

かき混ぜながら、
うちわなどであおぎ、
早急に冷まします。

容器に小分けして、
冷ますのもいいですね。

十分冷めたら、
1回分ずつに分けて
タッパーやフリーザーバッグに入れて
しっかりと空気を抜いて冷凍庫に入れます。

できるだけ空気を抜き
密閉することが好ましいです。

解凍は、
食べる前日に冷蔵庫に移して
自然解凍したのちに、
鍋に移して火にかけるか
電子レンジで加熱します。

具材の食感がないと物足りない人は、
あらかじめ、
じゃがいもやにんじんを茹でておき、
シチューを温める時に
一緒にいれるといいと思います。

シチューの冷凍での保存は、
賞味期限、2~3週間です。

スポンサードリンク

5. まとめ・シチューの最適な保存方法

シチューの最適な保存方法は
「冷蔵保存」です。

シチューを冷蔵保存するときは、
急速に冷まして
中の具材の熱をとることが大切です。

十分に冷ましたら
お鍋のまま冷蔵したり、
タッパーやジップロックなどに移し、
できるだけ密閉して冷蔵保存します。

夏場は特に危険なので室内に放置せずに、
冷蔵庫を使用しましょう。

保存時にも火をいれ殺菌することが重要です。

保存しておいた食品を食べる時には
必ず再加熱が必要です。

おいしいと思う温度に温めるのではなく、
食品全体に熱が行き渡るように、
よくかき混ぜながら加熱していただきましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ