保存方法と賞味期限と消費期限一覧まとめサイト

生姜の保存方法と保存期間について 常温か冷凍か?

      2015/11/01

生姜の保存方法と保存期間について
気になったので調べてみました。

生しょうが、チューブ、すりおろしなど
種類がありますが、
基本的に長持ちしないそうです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. しょうがはどれぐらいで腐る?
どうなったら捨てるべき?

生の生姜はそのままでは、
それほど保存は長くできません。

常温では寒い時期でないと
保存は難しいでしょう。

生の生姜は1週間から
10日ほどで使い切った方が
良いかもしれません。

冷蔵庫に入れておいても、
すぐに色が変わってきてしまいます。

生姜はだんだん黒ずんで
柔らかくなってきます。

見た目も悪くなりますし、
味が変わってきます。

多少の黒ずみはまだ食べられますが、
味が変わっていたり、

変な臭いがするようになったら
腐って来ていますので
捨てるようにしましょう。

2. しょうがは常温保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

生姜は冷暗所ならば
10日ほどなら常温保存ができますが、
10度前後の通気性の良い
場所が理想です。

長期間生姜を保存するならば、
乾燥させるのが良い方法です。

常温保存する場所にもよって、
生の生姜の状態は変わってきます。

そのままではすぐに
傷んでしまうことが多いので、

常温保存するには
やはり乾燥させることをお勧めします。

洗った生姜をスライスして、
天日などで乾燥させます。

乾燥させたあとは、
カビが生えないように
乾燥剤などを入れて、

密封容器などに入れ、
虫がつかないようにすることが必要です。

3. しょうがは冷蔵保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

生姜を冷蔵庫で保存する場合は、
水の中に浸けておくと、
そのまま入れておくよりも長持ちします。

水は毎日換えるようにしましょう。

また、
タッパなど生姜を入れている容器も
ヌルヌルとしてきて、

それが腐らせるのを
早めてしまうことがあります。

冷蔵庫で生姜を保存する場合は、
水を張った容器に入れて、
毎日水を変えて容器や

生姜も水洗いをすると、
数週間は持たせることができます。

毎日少しずつ生姜を使う時に、

水を換えてあげれば、
最後まで美味しく頂くことができます。

4. しょうがは冷凍保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

生姜をそのまま冷凍保存してしまうと、
水分が抜けて、
中がスカスカになってしまいます。

そのため、
生姜をすりおろしたものを
密封できるビニール袋に入れて、
平に伸ばします。

それを冷凍保存すれば、

使う分だけ折って取り出すことが
できますので、
大変便利です。

冷凍保存は
長期保存に向いているので、
すぐに食べない場合はお勧めです。

生姜がたくさんある場合も、
この方法でストックしておけば、
いつでも簡単に使うことができて便利です。

冷凍保存も冷凍焼けしてきますので、
1ヶ月程度で使い切るようにしましょう。

スポンサードリンク

5. まとめ・しょうがの最適な保存方法

生姜を保存させるには、
何らかの手を加える必要があります。

生姜の味噌漬けや蜂蜜漬け、
佃煮などの加工品も
長期保存にお勧めです。

生姜は喉にも良い効果があるので、
冬は蜂蜜漬けをお湯に溶かして飲めば、
風邪にもお勧めの飲み物です。

生姜は身体を温める効果があるので、
寒い時期や冷え症の人にも
お勧めの食材です。

生姜は薬にもなる健康食材です。
生姜を様々な方法で
上手に保存して、

毎日の食生活や健康に
活かして食べていきたいものです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク