砂糖の保存方法と開封後の賞味期限について 固まって虫がわく?




砂糖の保存方法と
開封後の賞味期限について
気になったので調べてみました。

固まって虫がわいたりするんでしょうか。
常温保存だと危ない?
冷蔵庫で保存するものなのでしょうか?

スポンサードリンク


1. 砂糖はどれぐらいで腐る?
どうなったら捨てるべき?

砂糖は他の食品に比べ腐る
心配のないものになります。

砂糖以外にも塩や醤油といった調味料も
腐るようなイメージを持つ方は
いらっしゃらないかと思います。

しかし、
腐らないからといって
油断していると、

砂糖であっても
食べれなくなってしまう事が稀にあります。

あまり見かけないかと思いますが、
たまに袋に保管しておいた砂糖
(例として上白糖)が

黄色っぽく変色している場合があるそうです。

こういった場合、
砂糖が湿気たことにより
空気中のホコリ等が付着して
変色といった形で見られるようです。

ただし、
部分的な変色はその箇所を取り除けば
他は問題がないので
そのまま食べて頂いて構わないとのことです。

捨てる際は散らばったりすると、
後々の掃除が面倒くさくなるかもしれないので

紙袋やキッチンペーパーなどに
まとめて廃棄するのが
良いのではないかと思います。

2. 砂糖は常温保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

砂糖の保管の仕方についてですが、
未開封の場合は
袋のままタッパーや缶などに入れて
保管していただく形になります。

開封済みの場合は
可能な限り密閉度の高い容器に
入れて保管して下さい。

湿度の変化に敏感な食材になりますので、
開封して湿気た後に
容器に入れて保管すると変色や砂糖が
固まりになってしまうことがあります。

なので、
開閉しても湿度の変化が
あまりない容器が、
砂糖の保管においては重要になってきます。

こうした容器に入れた砂糖は
冷暗所に常温での保存で十分です。

また、
容器に移して袋に砂糖が
余ってしまった場合、

チャック付のものでしたら
袋の中の空気を抜いてしっかりと
チャックをして下さい。

そして、
賞味期限についてですが
JAS法においても賞味期限の記載が
必要とされていない食品の一つです。

変色や塊になるといった状態の
変化が起きると、
風味などが落ちてきますが、

そういったものを気にしない場合は
品質上問題がないのです。

長期に保管しておくことが出来ます。

3. 砂糖は冷蔵保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

砂糖は常温保存で十分な
食材になりますが、

中には冷蔵庫で保管される方も
いらっしゃると思います。

ですが、
冷蔵保存をすると乾燥のし過ぎによって
砂糖が塊になってしまいます。

冷蔵庫で保管したい場合は、
常温保存と同じく密閉度の高い容器に
しまうことが望ましいです。

また、
冷蔵保存しておいた砂糖ですが、

常温に戻して使用する際に
気を付けておきたいことが『結露』です。

冷蔵庫と部屋の温度では
差が生じるため、

『結露』がおき砂糖にとって
余分な水分を含んでしまうことになります。

その為変色や固形化によって
塊が生じるといった変化が
起きてしまいますので、

使い切る量だけを取り出すようにして
頂ければと思います。

賞味期限については
常温保存と同じになり、

品質を気にしなければ
長期にわたってご使用していただけます。

4. 砂糖は冷凍保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

極端な湿度の変化を嫌う食材が
砂糖になります。

その為、
温湿度の変化が
顕著な冷凍庫における
保存は向いていないと
考えられます。

ただ、
こちらに関しては
あまり前例が確認できないため、
断言はできません。

しかし、
冷凍庫からの出し入れを
繰り替えず度に、

砂糖に『結露』が多くおきて
早い段階で
変色や固形化といった現象が
みられるのではないかと思います。

よく「ダニが心配で冷凍保存を」と
考えられる方が
いらっしゃるようですが、

ダニなどは小麦粉や片栗粉
のようなものは好みますが、
砂糖・塩といった
食品にはあまり発生しないことが
分かっています。

なので、
無理に冷凍保存をされる
必要はないと考えられます。

そして、
賞味期限などに関して、
常温であっても冷凍であっても
変化はありません。

仮に冷凍保存した場合でも
長期保存が可能とみて頂いて
大丈夫だと思います。

スポンサードリンク

5. まとめ・砂糖の最適な保存方法

砂糖の最適な保存方法は、
常温で冷暗所の乾燥した場所での
保管が望ましいです。

砂糖は湿度の変化に
敏感なので未開封であってもなるべく
密閉された容器に入れて
保管された方がおススメです。

開封した場合も同様に
密閉度の高い容器、
タッパーなどに入れて保存してください。

そうした方が
長期にわたってご使用していただけます。

また、
砂糖の塊が出来てしまった場合、

乾燥が原因と考えられますので
砂糖の塊と一緒に
ちぎった食パンを入れて
5時間から6時間程度、

置いておくと
比較的サラサラの状態に戻るそうです。

もし、
塊が出来た時は試してみて下さい。

そして、
廃棄する場合は環境に配慮して、

キッチンペーパーや紙袋などにまとめて
燃えるごみとして処理していただくと
宜しいかと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ