スーパーの魚の賞味期限について 真空パックで何日以上持つ?




スーパーの魚の賞味期限について
気になったので調べてみました。

冷凍されている魚、
解凍した魚、
賞味期限が1日だけ過ぎた魚、

本当に安全に食べられる?

スポンサードリンク


1. 魚はどれぐらいで腐る?
どうなったら捨てるべき?

魚はよほど寒い時期でないと、
そのままではすぐに腐ってしまいます。

また新鮮な魚ほど目が済んでいます。

あまり、
目の周りが赤くなっている魚は
選ばないようにしましょう。

魚は腐ってくると生臭くなってきます。
また見た目の色も悪くなってきます。

特に夏場の暑い時期は
すぐに腐ってしまいますので、

怪しいなと思ったら食べずに
処分するようにしましょう。

どの時期も生魚は早めに処理をして、
できるだけそのままで
放置しないように気をつけましょう。

2. 魚は常温保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

魚を常温で保存するには、
魚屋さんのように
下に氷を敷き詰めた上に置くようにしましょう。

それでも夏場などの気温が
高い場所では傷みやすくなりますので、
かなりの注意が必要です。

常温では保存するのは難しいですし、
氷を置いても
数時間で処理をするようにしましょう。

素人で魚の鮮度の判断は難しいので、
常温保存はできないと
思っていたほうが良いでしょう。

止む負えない場合は、
生魚はかならず氷をあて、
すぐに処理を行うようにしましょう。

3. 魚は冷蔵保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

魚を冷蔵保存するには
チルドが便利です。

なるべく0度に近い状態で
保存するようにしましょう。

スーパーなどで魚を購入すると、
消費期限が記載されています。

冷蔵保存での目安となりますが、
特に熱い時期は早めに
処理をする方が良いでしょう。

消費期限を過信しすぎずに、
自分の見た目で判断できるように
なりたいものです。

新鮮さが無くなってくると、
表面のピチピチ感が無くなってきますし、
腐ると異臭を放つようになります。

生魚は買ってきた当日か
翌日には処理をするようにしましょう。

4. 魚は冷凍保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

魚は冷凍保存がお勧めです。
生魚を購入したら、
できれば内臓を取り除いて、

空気が入らないようにラップで包んだものを
ポリ袋などに入れて保存すると良いでしょう。

また、
あらかじめ魚に味を付けたものを
冷凍保存することで、
より魚が美味しくなります。

醤油や味噌、
酒粕などさまざまな味付けで、
魚を美味しく頂きたいものです。

冷凍保存をしたら約1ヶ月くらいで
食べきるようにしましょう。

長く冷凍すると、
冷凍焼けを起こしてしまい、
味が変わってしまいます。

スポンサードリンク

5. まとめ・魚の最適な保存方法

魚はすぐに食べない場合は
冷凍保存がお勧めです。

また、
売っている魚でも
冷凍のものもありますし、
生魚よりも手頃な価格で手に入ることもあります。

魚やどんな調理方法でも
美味しく食べられる食材です。

また健康な体を作るのにも
お薦めの食材です。

魚は干物として
保存する方法もあります。

調理が慣れてきたら、
ぜひ干物作りにも
挑戦してみたいものです。

魚の美味しさと奥深さを
知ることができますし、

魚の新しい美味しさを
発見することができるでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ