離乳食の保存方法と保存期間について おかゆや鶏ひき肉やブロッコリー




離乳食の保存方法と保存期間について
特におかゆや鶏ひき肉やブロッコリーなど
どんな保存方法が最適なのか、
気になったので調べてみました。

冷凍?冷蔵?
小分けにして1食分にまとめて
パックに保存したりすると
いい感じなんですかね?

スポンサードリンク


1. 離乳食はどれぐらいで腐る?
どうなったら捨てるべき?

各自家庭で作った離乳食は
基本的にその日の内に
食べてしまうものですが、

中には多く作って余ってしまう事があります。

そうなると冷蔵庫などで
保管しておくことになるのが殆どだと思います。

ですが、
添加物が何も入っていない離乳食の場合
持っても1日~2日で
駄目になってしまうでしょう。

離乳色も腐り始めるとカビ等の発生、
状態が変化する(変色や液体に近づくなど)と
いった事が確認できます。

状態変化以外では
やはり臭気が顕著に出てきます。

すえた様な臭いを感じた場合は
すぐに捨てるようにして下さい。

離乳食の基本として食べきれずに
残ってしまった場合は捨てるようした方が、
赤ちゃんが変に
腐ったものを口にする機会も減ります。

市販の離乳食は、

基本的に中のパウチや外箱に
賞味期限が記載されていますので
その日付を目安に
使い切ることをおススメします。

廃棄方法としては、
生ゴミに分類されますので
他の生ゴミと一緒に廃棄するのが
宜しいかと思います。

2. 離乳食は常温保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

離乳食は通常の食事に比べて水分量が
格段に多いものになります。

食品と言うのは水分量が多いものほど
腐りやすい傾向があります。

常温保存をした場合、
見た目に変化がなくても
腐っているかもしれないことを
疑って頂いた方が宜しいかと思います。

つまり、
離乳食に関しては市販品や
各ご家庭で作ったものに関わらず
常温保存は論外という事になります。

これは水分量の少なそうなものに関しても
常温保存は向いていないと考えられ、

仮に常温で保存できたとしても、
その日の内しか持たないと思います。

離乳食は赤ちゃんが口にする
デリケートな食事です。

もし、
常温で保存した場合は
なるべく廃棄するように心がけてください。

3. 離乳食は冷蔵保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

余った離乳食の保存方法として
冷蔵保存がされるのが
殆どだと思いますが、

こちらも市販品や各ご家庭で
作ったものに限らず1日~2日、

持って数日が保存期限と
考えておいて下さい。

離乳食は柔らかい食事であるのが特徴ですが、

それと同時に普段私たちが口にしている食事に
比べて水分量が各段に多いこと、

水分量の多い食事は
腐りやすい事を忘れないようにして下さい。

参考としてですが、
離乳食の材料によく用いられるトマトなどは

普通の状態で2日~3日の日持ち、
ご飯に関しても3日程度のしか
冷蔵庫で保存できないので

作ったらその日の内に
食べてしまうようにしてください。

4. 離乳食は冷凍保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

離乳食の一番おススメの保存方法が
冷凍保存です。

大量に作って余った離乳食、
市販品の余り等は小分けにして
冷凍庫で保存することが一番良いとされています。

ですが、
この方法でも1週間が
保存の限度になります。

それを過ぎて解凍したときに、

離乳食から変な臭いや
状態が液状に変化している
などと言ったものが確認できたら、

なるべく捨てるようにして下さい。

冷凍の際に役立つのが
製氷皿や100円ショップで販売している
薬の小分けケースです。

余ったものはこれらに入れて
保存しておくと入用のときに
解凍しやすくなります。

ですが、
冷凍も数日から1週間を目安に
消費するように心がけて下さい。

スポンサードリンク

5. まとめ・離乳食の最適な保存方法

離乳食の最適な保存方法としては、
冷凍保存が一番です。

製氷皿などを使い小分けして
冷凍しておくと解凍する際に
一回の食事分の量を
解凍することが出来ます。

こちらは食材に限らず、
数日中から1週間の日持ちを賞味期限、
消費期限としておいて下さい。

冷蔵保存も2,3日の
日持ちが最長と考え、
その日にちを過ぎた際は
即座に廃棄して下さい。

また、
常温で保管したものに関しては、
見た目に変化がなくても
腐っている場合もあるので、

なるべくすぐに捨てるようにして下さい。

捨てる際には生ゴミとして、
小分けのビニールや紙袋、
キッチンペーパーにまとめて捨てると
中身が散らばらず捨てやすくなると思います。

離乳食は赤ちゃんが
口にする食事になりますので、

日を置いてしまった場合は
可能な限り廃棄されるのをおススメ致します。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ