ピーマンの保存方法と保存期間について 常温か冷蔵庫か冷凍保存か?




ピーマン一袋に5個も6個も入ってると
1個2個余るんですよね。

かといって1個ずつ買うと高いので、
まとめて買っちゃうのですが、
結局余ってしまう・・・

こういう時は冷蔵庫でどれぐらい期間もつ?
冷凍庫なら1週間ぐらい保存できるのかな?

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク


1. ピーマンはどれぐらいで腐る?
どうなったら捨てるべき?

ピーマンは涼しい場所なら
1週間ほど持ちますが、
徐々に萎れてきて色も悪くなってきます。

黒ずんできたら腐っている証拠ですので、
捨ててしまいましょう。

できれば冷蔵庫の野菜室で
保存するのが望ましいです。

ピーマンは水分を取ってから、
新聞紙やキッチンペーパーに包んで、
密封袋に入れて保存します。

腐ったピーマンは
他のピーマンにも移ってしまいます。

腐ったピーマンはすぐに捨てるようにしましょう。

また見た目には腐っていなくても、
中の種が腐っている場合があるので、
調理する時によく確認するようにしましょう。

2. ピーマンは常温保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

ピーマンは夏場などの高温の状態で、
冷蔵庫くらいの気温ならば、
常温保存も可能です。

1週間くらいは持ちますが、
徐々に味も色も悪くなってくるので
早めに食べるようにしましょう。

ピーマンはそのまま放置しておくと、
水分が抜けて張りが無くなってきます。

調理する前に数時間
「水に放しておくと、
いつまでも新鮮な状態を保つことができます。」

その時、水はこまめに変えて
腐らないように気をつけましょう。

味や色が悪くなる前の美味しい状態のうちに、
他の保存をするか食べて切ってしまいましょう。

3. ピーマンは冷蔵保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

ピーマンは冷蔵庫の野菜室で
保存すると良いでしょう。

1週間くらいは冷蔵保存が可能です。

それ以上保存が可能な場合もありますが、
水分がなくなって萎れてきます。

特に冷蔵庫の中は乾燥しやすいので、
新聞紙やキッチンペーパーなどで包んでから、
密封袋に入れて保存しましょう。

新鮮なピーマンはつやがあって、
張りがあります。

日が経つにつれて、見た目も悪くなり、
美味しくなくなっていきます。

冷蔵保存しているピーマンは
早めに食べ切るか、
冷凍保存をするようにしましょう。

4. ピーマンは冷凍保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

ピーマンを生のままで冷凍保存するならば、
薄切りなどにしてから保存すると良いでしょう。

冷凍したピーマンはそのまま凍ったままで、
炒めたりして加熱処理することができます。

特にお弁当のおかずには
凍ったピーマンをそのまま油炒めにすれば、

簡単で時短でできますので、
とても重宝します。

ピーマンの緑色は
お弁当の色和えにもよく、
とても便利な食材です。

加熱したピーマンも冷凍できます。

多く作りすぎた時は、
食べやすい分量に分けて冷凍保存をすれば、
必要な時にすぐに使えて便利です。

冷凍ピーマンは1か月をめどに食べ切りましょう。

スポンサードリンク

5. まとめ・ピーマンの最適な保存方法

ピーマンは緑色のきれいな野菜なので、
料理やお弁当にも重宝する食材です。

また

  • 炒め物
  • 揚げ物、
  • 煮物、
  • 焼き物

と何でもできる万能野菜です。

ピーマンは
緑黄色野菜なので栄養価が高く、
食事に取り入れたい野菜です。

比較的価格も安いので、
手に入れやすい食材です。

なるべく新鮮な物を選び、
保存方法を工夫して、
最後まで美味しくいただきましょう。

生でも長期冷凍保存が可能で、
調理も簡単なのがうれしい食材です。

さまざまな料理に入れて、
ピーマンの味を楽しみたいものです。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ