パプリカの保存方法と賞味期限について 冷凍保存が良いらしい




パプリカの保存方法について
気になったの調べてみました。

冷蔵庫ではなく、
冷凍保存が理想的らしいです。

冷凍でパプリカが
売られてるぐらいですものね。

賞味期限についてもまとめました。

スポンサードリンク


1. パプリカはどれぐらいで腐る?
どうなったら捨てるべき?

パプリカは腐ってくると
見た目の色が変わってきて
柔らかくなってきます。

また中の種からくさってきたり
カビが生えてきたりすることもあります。

時には異臭を放つこともあります。

特に夏場はすぐに腐ってしまうので
すぐに冷水に放つか

冷蔵庫の野菜室等で
保存するようにしましょう。

パプリカは腐ると
他のパプリカにも移ってしまい
次々と腐っていってしまいます。

腐ったパプリカはすぐに捨てるようにして
被害が広がらないように気をつけましょう。

2. パプリカは常温保存できる?賞
味期限の目安はどれぐらい?

パプリカは気温が
低ければ常温保存も可能です。

冷蔵庫の野菜室程度の温度(10度くらい)
の常温ならば
外でも保存が可能です。

この時に水分が抜けてしまわないように
ボールなどに水を張ったものに

パプリカを入れておけば
水分を保つことができます。

他にも新聞紙やキッチンペーパーなどに
包んでおくのも良い方法です。

だいたい1週間から10日位は
保存が可能です。

しかし
外の気温は変わりやすいので

早めに傷んでしまうことがありますので
注意しましょう。

3. パプリカは冷蔵保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

パプリカは冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。
約10日くらいは保存が可能です。

パプリカは新聞紙やキッチンペーパーなどに包んで
密封袋に入れて保存します。

日が経ってくると
ハリがなくなってきますし
鮮やかな色がなくなってきます。

美味しいうちに
早めに食べ切るようにしましょう。

また水を張った容器に入れておいても
保存が可能です。

すぐに使う場合や保存が面倒な時は
この方法が便利です。

この時には水をこまめに変えるようにしましょう。

4. パプリカは冷凍保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

パプリカを生のまま冷凍保存する場合は
細切りなどにカットしてから保存をしましょう。

その時に中の種やヘタを取り
水洗いをしてから
良く水分を切って保存しましょう。

水分が付いていると
霜が付きやすくなってしまいます。

冷凍保存で約2~3週間は
保存が可能です。

他にも油炒めなどの加熱処理したパプリカも
冷凍保存することができます。

密封袋に入れて冷凍保存をしましょう。

レンジで加熱すれば
そのままおかずになります。

時間がない時などは冷凍した
パプリカは便利な食材です。

スポンサードリンク

5. まとめ・パプリカの最適な保存方法

パプリカの保存方法は
乾燥させて常温で保存する方法もあります。

細切りなどにして
天日で数日乾燥させます。

鮮やかな色は抜けてしまいますが
日持ちがしますので長期保存に便利です。

大量にパプリカがある時は
試してみると良いかもしれません。

他にもピクルスなどの酢漬けにしても
美味しく食べられます。

発色効果もあり
色どりがきれいです。

さまざまな保存方法や調理方法で
見た目も鮮やかなパプリカを
いつでも美味しくいただきたいものです。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ