おでんの保存方法と保存期間について 冷凍保存が最適?




おでんの保存方法と保存期間について
気になったので調べてみました。

冷凍保存が最適なのか?
冷蔵庫保存は危ないんでしょうか。

スポンサードリンク


1. おでんはどれぐらいで腐る?
どうなったら捨てるべき?

おでんは冬場に良く食べられますが、
気をつけなければいけないのが
冬場の常温保存です。

冬場は暖房で部屋が温かかったりするので、
コンロの上に鍋のままは、
じつは危険なんです。

夏場では、
夕食に作ったおでんを
そのまま常温保存すると、
次の日には腐っていたりします。

おでんの味を見て、

  • 酸っぱくなっていたり、
  • 酸っぱいにおい

がする場合は、
もったいなくても捨てたほうがいいです。

少しでもおかしいとおもったら、
食べるのはやめましょう。

2. おでんは常温保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

おでんの常温保存は可能ですが、
おすすめしません。
特に夏場や湿気の多い時期は厳禁です。

もし常温保存する場合は、
菌の繁殖を防ぐために、
1日に数回火を通しすということを
定期的に行えば、
常温保存は可能です。

1日に何度も火を通していれば、
腐ることはありませんが、
汁が飛んでどんどん濃くなっていくので
汁を継ぎ足ししていく必要があります。

冬の場合であれば、
室温が常に5℃程度のところで、
直射日光をさければ、
保存は可能です。

おでんの常温保存の賞味期限は
夏なら冷めた状態から数時間程度。

冬であれば、
5℃程度の室内で、3日程度です。

3. おでんは冷蔵保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

おでんの冷蔵保存はできます。
冷蔵保存の場合は、
粗熱をできるだけ早くとってから
冷蔵庫に鍋ごと入れるのがいいでしょう。

もう一つの冷蔵保存方法があり、
粗熱がとってから具と汁を別々に分けます。

具はジップ付袋に入れて
しっかりと空気を抜いて保存し、

汁はタッパーなどの
密閉できる容器に入れて保存します。

具・汁とも冷蔵庫で保存します。

こうすることで、
だしが具にしみこみすぎるのを防げます。

温める時にレンジを使う場合は、
卵など爆発する食材もあるので注意が必要です。

コンロで温めるのが安心ですね。

1日1回火を通した方が、
殺菌されるため日持ちします。

多少面倒ですが、
火は通した方が良いでしょう。
おでんの冷蔵での保存は、
賞味期限は3日程度。

1日1回火を通した場合は、
7週間程度です。

4. おでんは冷凍保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

おでんの冷凍保存は可能ですが、
おすすめしません。

冷凍保存は解凍すると食感がかわり、
味が落ちてしまいます。

冷凍すると食感がかわってしまう具材は、
じゃがいもなどの

  • イモ類、
  • こんにゃく
  • しらたき、
  • たまご、
  • 厚揚げ、
  • 大根

などがあります。

冷凍保存方法は、
具と汁で分けて冷凍します。

具はフリーザーバッグに
具が重ならないように並べていれてから、
空気をしっかりと抜いて冷凍します。

汁はタッパーなどの
密閉できる容器に入れて冷凍します。

解凍は食べる前日に
冷蔵庫に移しておいての
自然解凍です。

急いでいる場合は、
汁のみ温めて液状に戻してから、
具を汁と一緒に温めていきます。

おでんの冷凍での保存は、
賞味期限は1か月程度です。

スポンサードリンク

5. まとめ・おでんの最適な保存方法

おでんの最適な保存方法は
「冷蔵庫での保存」です。

やはり常温ではいたみが早く、
冷凍では食感や味が落ちてしまいます。

1日1回は、
殺菌するために、
必ず具の芯まで火が通るように
することが長くもたせる秘訣です。

粗熱をできるだけ早くとってから、
具と汁を別々に分けて冷蔵保存します。

しっかりと空気を抜いて密閉しましょう。
具と汁を別々にすることにより、
具にだしが、
しみこみすぎるのを防げます。

コンロで温めるのが
具材が爆発することなく安全です。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ