保存方法と賞味期限と消費期限一覧まとめサイト

生卵の賞味期限はいつまで?冷凍保存できる?

      2015/12/13

生卵の賞味期限って
だいたいいつまでなんでしょうか?

安売りでたくさん生卵を買ったけど
なかなか減らないし
捨てるのももったいないし

冷凍すれば長持ちするんでしょうか?
調べてみました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. 生卵 はどれぐらいで腐る?
どうなったら捨てるべき?

日本では生のまま
卵を食べることもあるため

外国に比べ
賞味期限が短く設定されています。

ヨーロッパであれば
卵の賞味期限は
2ヶ月であったりもするため

2ヶ月であれば
まず腐ることはないでしょう。

しかし食べる際には菌を殺すために
必ず火をよく通すようにしてください。

また
卵を割る際に
黄身も一緒に割れてしまったり

卵の色が変であったり
卵からアンモニアの匂いが
することがあれば

まず腐っていますので
捨てるようにしてください。

2. 生卵 は常温保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

卵は季節に関係なく
常温保存が可能です。

しかし
直射日光が当たったり
暑すぎる場合には

サルモネラ菌など最近の増殖や
傷みが早まります。

常温とは言えども
風通しの良い冷暗所での
保存がおすすめです。

また
冷蔵保存をされている卵を
購入した場合には

温度変化による鮮度の低下や
細菌の増殖を防ぐために

必ず冷蔵保存をするようにしましょう。

常温保存での賞味期限は

  • 冬が2か月間
  • 春秋は3週間
  • 夏は2週間程度

だと言われています。

3. 生卵 は冷蔵保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

生卵は冷蔵保存可能です。

冷蔵庫についている卵ケースへ移動するよりも
買った時に入っているパックのまま
保存する方が鮮度が長持ちします。

また冷蔵庫で保存した卵は
冬に常温保存した場合の環境と似ているため,
2か月間の保存が可能です。

しかし
あくまでもよく火を通し
食べることを前提としていますので

生食する場合には
安全を保障されている2週間以内

(パックに記載されている賞味期限内)
に食べるようにしてください。

4. 生卵 は冷凍保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

冷凍保存することは可能ですが
そのまま冷凍してしまうと

解凍したときに黄身の部分が
温泉卵のような状態となってしまいます。

そのため色々な料理に使いたい場合には

卵を割って白身と黄身をかき混ぜた状態で
冷凍保存することをおすすめします。

また冷蔵保存で十分に保存できるため
わざわざ冷凍保存する必要はないかと思います。

また冷蔵保存での賞味期限は
1か月程度です。

それ以上ですと
卵の品質が落ちるため
美味しく頂くことが難しくなります。

スポンサードリンク

5. まとめ・生卵 の最適な保存方法

冷蔵庫の中で
買った時のパックにいれたま
ま卵のとがった方を下にして

保存することが最適な保存方法です。

これは卵の丸い部分(鈍端部)には
「気室」という空気の部屋が存在するためです。

卵は一般的に気室で
呼吸をしています。

丸い部分を上にし保存をする事で
古くなった卵の卵黄が浮かんでも
気室がある事で直接卵黄が殻に触れるはありません。

そのため
とがった方を上にして保存するよりも
鮮度が長持ちし
美味しく食べることができます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク