味噌汁の保存方法と保存期間について 賞味期限はいつまで?




味噌汁が余った時
お鍋のまま常温保存していると
すぐに腐ってしまうので、
なるべく冷蔵庫保存がいいでしょう。

私は夜に作った味噌汁を
翌日の朝に食べて、
お腹を壊してしまいました。

食中毒、想像以上につらいです。

スポンサードリンク


1. 味噌汁はどれぐらいで腐る?
どうなったら捨てるべき?

温かいお味噌汁は、
具材にもよりますが空中の菌が付着して、
菌が増殖しやすいので、
朝作った味噌汁が
夕方腐ったり異臭がすることがあります。

お味噌汁をかいでみて、
酸っぱい味がしたり、

納豆を入れていないのに
納豆のにおいがしたりと異臭が
あった場合は飲むのはやめましょう。

また、
カビが生えていたり、
変な塊が浮いていたり、
出来ている場合も同様に、
飲まずに捨ててしまいましょう。

お味噌汁は、
特に臭いや味に何の変化も無い場合でも、
菌が増殖しているということもあります。

作ったらなるべく早く飲んでしまいましょう。

2. 味噌汁は常温保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

お味噌汁は常温保存できますが、
おすすめしません。

特に夏場は、
大変危険です。

夜に作った味噌汁が朝には
腐っていたということもあります。

常温保存しなければならない場合は、
煮詰めて塩分を濃くすることや、

3~4時間程度おきに
全体に火が通るように加熱し、
蓋をした状態で保存します。

定期的に加熱することによって、
菌を死滅させることができます。

だいたいの菌は75℃以上で
1分間加熱することによって、
死滅しますが、

ノロウイルスを懸念する場合は、
90℃で90秒の加熱が必要です。

沸騰するまで過熱することが安全ですね。

お味噌汁の常温での保存は、
賞味期限、6時間~1日くらいです。
(具材、温度や湿度、保存環境により変化します。)

3. 味噌汁は冷蔵保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

お味噌汁は冷蔵保存できます。

お玉でかき混ぜながらお味噌汁を冷まし、
粗熱がとれたら、

お鍋ごと入るようであれば
そのまま冷蔵庫へいれて冷蔵保存します。

お鍋のまま冷蔵保存できない場合は、
タッパーなどの密閉できる容器に入れて
冷蔵保存します。

また味を濃いめに作っておいて、
加熱後水を足して冷まし、

後から味噌を足して
味を調整する方法もあります。

お味噌汁の冷蔵での保存は、
賞味期限、1~2日です。
(具材、温度や湿度、保存環境により変化します。)

4. 味噌汁は冷凍保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

お味噌汁は冷凍できます。

じゃがいもやにんじんなど、

具によっては解凍したときに
食感が落ちたり変わるものもあります。

豆腐は、高野豆腐の様になります。

こんにゃくはスポンジのような感じになります。

その他はあまり気にする必要はありませんが、

作りたてと比べるとどうしても
風味は落ちてしまいます。

冷凍方法は味噌汁が冷めたら、
タッパーに入れて
しっかりと蓋をして冷凍保存します。

食べる時は半日前には
冷蔵庫に移して自然解凍します。

その後電子レンジか鍋で
火にかけて加熱します。

お味噌汁の冷凍での保存は、
賞味期限、2週間です。

スポンサードリンク

5. まとめ・味噌汁の最適な保存方法

お味噌汁の最適な保存方法は
「冷蔵保存」です。

冷蔵保存は、
出来るだけ早めに冷ましてから、
タッパーなど密閉できる容器に移し、
菌が入らないように冷蔵庫で保存します。

味噌を入れる手前で調理を終えて、
冷ましてから冷蔵し、

食べる時に、
お味噌を入れて加熱する方法もあります。
お味噌の風味が保たれますよ!

味噌汁は具材の影響も大きいですが、
傷みやすいため、
出来れば1回分ずつ作った方がいいです。

腐らすことのないように
作り置きは避けたいですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ