冷めたマクドナルドのポテトの保存方法と賞味期限について




冷めたマクドナルドのポテトが
たくさん余ってしまいました。

そのまま捨てるのはもったいないので
またおいしく食べる方法はありますか?

スポンサードリンク


1. マクドナルドのポテトは
どれぐらいで腐る?
どうなったら捨てるべき?

マックフライドポテトは、
環境にもよりますが、
腐る前に乾燥してしまいます。

噂の動画で6年間まったく変化のない
ポテトの映像が映っていたり、

数日で腐ったり、
カビたという報告もあります。

何日で腐るかは、
保存している環境によりけりとなります。

無菌室などの環境では
長くもつのもうなずける話です。

マックフライドポテトを嗅いで見て、
酸っぱいにおいがしたり、

購入時とは異なる味がした場合は、
速やかに捨てましょう。

マクドナルドは、
美味しい状態で料理を提供する為、
食材が商品として完成してから
一定の時間が経つと、

その商品を廃棄しています。

マックフライドポテトの場合は、、
売れなければ7分で廃棄されます。

2. マクドナルドのポテトは常温保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

マックフライポテトは常温保存できますが、
おすすめしません。

マックフライポテトは
じゃがいもを丸ごとカットしたものを
工場とお店で2回揚げ、
最後に最適な分量の塩をふって提供されます。

揚げる為に使っている油は、
商品のフレーバーを良くするために、

フライオイルは牛脂と、
パーム油をブレンドして使用されています。

商品は提供されたものを
その場で食べることを
前提に作られていますので、

常温での保存時間は、
持ち運びの時間程度にとどめましょう。

冷めたマックフライドポテトは、
電子レンジで温めてから食べると、
すこしはマシになります。

クッキングペーパーをお皿に敷き、
その上に重ならないように並べます。

700wで1~2分一気に温めましょう。

マックフライポテドの常温での保存は、

賞味期限、30分~1時間くらいです。
(冷めてしまうと味が食感をそこないます。)

店頭で販売される前の賞味期限は 7分です。

3. マクドナルドのポテトは冷蔵保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

マックフライポテトは冷蔵保存できますが、
おすすめしません。

購入し、
食べきれないからと冷蔵庫で冷蔵保存すると、

食べる時にぼそぼそとした食感になり、
美味しくありません。

冷蔵保存した、
フライドポテトは、
オーブンやオーブントースターで
加熱していただくと良いでしょう。

受け皿にポテトを重ならないように並べ、
乾燥しすぎるのを防ぐ為に、

霧吹きでしっかりと濡れるくらい
水を吹き付けておきます。

熱くなり過ぎると火が出る可能性があるので
十分気をつけながら行うとよいです。

だいたい5分くらいの加熱が目安となります。

マックフライポテトの冷蔵での保存は、

賞味期限、当日中に召し上がってください。

4. マクドナルドのポテトは冷凍保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

マックフライポテトは冷凍保存できます。

マックフライポテトを購入したはいいが、

手をつけられず当日中の召し上がりが
難しい場合は冷凍保存してしまうのも1つの手です。

あくまでも、
手をつけていないことが重要です。

紙袋から、
マックフライポテトを出し、
粗熱をとります。

ラップで包み、
なるべく空気との接触を防ぎましょう。

その上で、
フリーザーバックなどで密閉し冷凍保存します。

食べる時は、
油を入れ温めたフライパンに、
凍ったままのフライドポテトをそのまま入れて、
揚げます。

工場で1度、
店舗で1度と既に二度あげられているので、
あまり揚げ過ぎないように注意しましょう。

マックフライポテトの冷凍での保存は、
賞味期限、
3日くらいを目安に早めにお召し上がりください。

スポンサードリンク

5. まとめ・マクドナルドのポテトの最適な保存方法

マックフライポテトの最適な
保存方法は「冷凍保存」です。

店舗で購入し、
家へ運び入れてから粗熱が取れたことを確認し、
ラップで包みます。

その上から、
フリーザーバックに入れ、
空気を抜きながら密閉し、
冷凍室へいれ冷凍保存します。

とはいえ、
なるべく店内であつあつの出来立てを
いただきたいですね。

異物混入や数々の都市伝説を払拭するために、
日本マクドナルドは、
食の安心Q&Aのコーナーを設け、
「ママの目線で、安心できるマクドナルドへ」
という考えのものと、

続々と集められた質問に対し、
文字だけでなく
動画を使って答えているものもある。

なかには「こんな質問まで?」
と思うようなものに対しても真摯に回答しています。

一度失ってしまった、
食への安全を取り戻すのには、
長い時間がかかりそうですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ