キャベツの保存方法で長持ちする方法は冷凍?冷蔵庫?千切り?




キャベツの保存方法で
どんな方法であれば

より長持ちできるのか
長く保存できるのか。

キャベツを冷凍するのか?
キャベツを冷蔵庫で冷蔵保存するのか?
それとも、千切りにした方が長持ちするのか?

調べた結果をまとめていきます!

スポンサードリンク


1. キャベツはどれぐらいで腐る?
どうなったら捨てるべき?

キャベツは保存方法によって
腐り方が変わってきますが

まるごとのままでしたら
2週間ほどで腐り始めてきます。

色が黒ずんできて
酸っぱい臭いがしたら

新しいものと買い換えた方がいいでしょう。

包丁を入れてカットしたものですと

ラップにくるんでしまうことが多いため
キャベツが呼吸できなくなるせいもあって

さらにもっと腐り始めるのが早くて
2-3日ほどで腐り始めてきますので

色が変色して腐った臭いがしたものは
処分してしまいましょう。

2. キャベツは常温保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

キャベツは常温でも保存が出来ます。

そのまま常温に放っておいたら

夏だと1~2日
冬だと10日程

は保存が出来ます。

ただし
もっと長持ちさせるのには
一工夫した方が必要です。

芯の部分をくりぬいて
濡らした新聞紙などを入れておけば

このままで2週間ほどは
常温保存が出来ます。

賞味期限は
キャベツの葉の色が黄色くなってきたり

茶色にくすんできたり
嫌な腐った臭いがしてきたら

賞味期限の目安と言えますので
処分してしまう方がいいでしょう。

3. キャベツは冷蔵保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

基本的に言って
キャベツは冷蔵保存が出来ます。

ただし
丸ごとのまま冷蔵庫に入れてしまう方が
より一層長持ちすると言えるでしょう。

半分にカットしたり
ざく切りや千切りなどに
一度カットしてしまうと

キャベツは大変
腐りやすくなったりしますので

冷蔵庫に入れても保存できる期間は
さらに短くなってしまいます。

賞味期限の目安としては
色が変色して来たり

おかしな臭いがしてきたら
処分してしまった方がいいでしょう。

丸ごとの物で2週間
カットしたもので約3日です。

冬だともう1~2日長持ちします。

4. キャベツは冷凍保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

キャベツは冷凍保存もできるのですが
さすがに丸ごとのキャベツを

そのまま冷凍庫の中に
入れてしまう人はいないでしょう。

ここではひと手間加える必要があります。

キャベツをざくざくときったものを
よく水分をふいてあげて

冷凍用のジップブロックなどに入れて
冷凍庫の中に入れておきます。

また
キャベツをザクザク切ったものを
一度熱湯でゆでたものを
冷凍する方法もあります。

賞味期限の目安としては
変な臭いがしてきたら
処分した方がいいです。

1-2週間が目安となります。

冬でも2週間が最大でしょう。

スポンサードリンク

5. まとめ・キャベツの最適な保存方法

まとめとして
キャベツの最適な保存方法としては

まるごとでしたら芯の部分をくりぬいて

水で濡らした
新聞紙などをつめてあげれば

2週間ほどは
常温保存が出来ます。

もちろん
冷蔵庫に入れて
このまま保存しても構いません。

キャベツに包丁を入れてしまったものや
細かく切ってしまった分は

ラップをかけて冷蔵庫に入れて
保存した方がいいでしょう。

炒め物などにさっと使いたい
場合などを考えたら
冷凍保存しておくのもおすすめします。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ