保存方法と賞味期限と消費期限一覧まとめサイト

かいわれの保存方法と保存期間について かいわれは冷凍保存可能?

      2015/11/05

かいわれの保存方法って
密封して冷蔵庫保存でいいんですかね。

いつもそうしているんですが、
2~3日ぐらい経っても食べれるんでしょうか。

食中毒で数日間腹痛で悩まされる、
という経験をしたので、
なるべくシビアに考えたいところです。

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

1. かいわれはどれぐらいで腐る?
どうなったら捨てるべき?

かいわれは購入してから一週間位で腐ります。

葉が黄色くなり根元が
腐ってドロドロした感じに
なるのですぐに分かります。

この状態になったらすぐに捨ててください。

特に夏は痛むのが
早いため食中毒の危険性もあります。

かいわれはほとんど
生食するのですこしでも異臭がしたり
根元の部分が黒く変色して
ドロっとした感じになっていたら捨ててください。

購入してすぐに食べない時は
根元を水で洗い根元が
隠れるくらいの水を別の容器に
入れてそのなかにかいわれを入れます。

そして冷蔵庫にいれて保存します。

2. かいわれは常温保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

かいわれを常温で保存した場合の
賞味期限は2~3日です。

夏場は1日で食べきったほうが安心です。

常温だと雑菌が繁殖しやすいため
腐りやすく食中毒の原因にもなります。

常温保存の場合は根元を切りかいわれを
濡れた新聞紙に包んで
日の当たらない
なるべく涼しい場所で保存します。

根をつけたままだと常温では
逆に腐りやすくなりますので
注意が必要です。

あくまで賞味期限なので
加熱さえすれば2~3日過ぎても
食べられますが
味はおいしくなくなってしまいます。

3. かいわれは冷蔵保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

かいわれは冷蔵保存が
一番合っているので

購入してきたらまず容器からだして
根元だけを水で洗い別の容器に
根元が隠れるくらいの水を張って
その中にかいわれを入れます。

そして蓋をして冷蔵庫にいれて
1週間位は持ちます。

途中1日に1回は
水を取り替えると10日位に延びます。

かいわれは他の野菜と違い根が
残っているので腐らなければ生きています。

特に冷蔵庫は
雑菌も繁殖しにくくかいわれ自体の成長も
遅くなるためより賞味期限が長くなります。

4. かいわれは冷凍保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

かいわれはそのままでは
冷凍できないので
まず根の部分を切り水で
全体を良く洗います。

そして別の容器に水を入れて
その中にかいわれを入れて蓋をして冷凍します。

賞味期限は1ヶ月です。

解凍するときは
冷蔵庫に移し自然解凍すると
味が変わりにくく冷凍前の状態に近いです。

解凍したらその日に食べきってください。

冷凍すると細胞が壊れるため
かいわれから水分がでて腐りやすくなります。

特に生食する場合は
解凍後すぐに食べた方が安全です。

スポンサードリンク

5. まとめ・かいわれの最適な保存方法

かいわれの保存方法は
冷蔵保存が一番良いです。

味も変わりにくいですし
雑菌も繁殖しにくいので
安心して食べられます。

ただし夏場は
食中毒の危険性もあるので

冷蔵でも2~3日で
食べきったほうが良いです。

加熱する場合は1週間は
大丈夫なので余裕があります。

冷凍保存は
1ヶ月保存できますが
味が変わりやすいので
極力しないほうが良いです。

かいわれは
値段も安く季節に関係なく手に入るので

なるべく保存せず
その日購入したものはその日のうちに
食べることをおすすめします。

生食の野菜は食中毒の危険性が
高いので保存には向いていない野菜です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク