油の保存方法と保存期間について 冷蔵庫でペットボトルでOK?




油の保存方法どうしてますか?
シンクの下にそのまま置いてますか?

夏場は冷蔵庫で保存がいいのか?
正しい保存方法と保存期間について
ちゃんと把握されていますか?

油の保存方法について確認しましょう。

スポンサードリンク


1. 油はどれぐらいで腐る?
どうなったら捨てるべき?

油と言うと腐るという
イメージがありません。

その通り
厳密には『腐る』事がないのです。

と言うのもカビや雑菌が
発生するのは
水分のある場所に限られるため

普通の油の中では
特殊な条件が
揃わない限り『腐る』
という現象は起きません。

しかし
油と言うのは
空気中の酸素と結びつくことで
『酸化』という現象を引き起こします。

一見すると
顕著な変化は
見られないのですが

この『酸化』が進むと
油は液状ではなく
固形になってきます。

余談ですが
てんぷら油は使ううちに
酸化が進み
油の色が黒ずんでくるので

それを目安に
廃棄していただければと思います。

『酸化』が進んだ油は
本来の風味などが
損なわれた状態となり
また体にも良いものではないため

少し油が
サラサラした状態から
ドロドロ
もしくは固形物のようなものが

確認できたら
排気するのをおススメします。

古くなった油は
市販品の固形凝固剤のようなものを
使って燃えるゴミとして処理をするか

または細かく千切った新聞紙
古着に浸み込ませて
廃棄するのが望ましいです。

例外ですが
古くなって
使えなくなったてんぷら油などは
各都道府県等で
リサイクル回収ステーションなどが
設置されているので

そちらに持っていって
リサイクルしてもらうことも可能です。

こちらのサービスは
レストランなどでも
行っているところがあるので
気になった場合は
『てんぷら油』『回収』と検索してみてください。

2. 油は常温保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

基本的に油は密閉した
状態での保存が望ましいです。

と言うのも空気に
触れることにより油は
『酸化』が進んでしまうからです。

なので一度開封した
油はなるべく早めに
使い切ることが鉄則です。

サラダ油やキャノーラ油などは
目安としては

一ヶ月での使いきりが
一番良いとされています。

最近家庭でおなじみになりつつある
オリーブオイルなどは
常温保存した方が
固形化せずに長く保存が出来るそうです。

また同じく香りが良いごま油は
冷蔵庫で保管したほうが
香りが長持ちするそうです。

ですが
どちらの油も採取日等から
一年以内に使い切るようにした方が
体の為には良いとの事です。

3. 油は冷蔵保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

油にとって
第二の脅威である光を避けるためには

冷暗所での保管が
望ましいとされていますが
油の種類によっては
向いていないものもあります。

例として
サラダ油などは
常温と光を避けて
保存したほうが良いとされているため

基本的には棚の下や
ガスの下の収納部分でも
充分ですが

夏場に気温が上がるようでしたら
冷蔵庫での保存をおススメします。

しっかりと密閉した場合でしたら
1年は持ちますが

開封した場合は
1ヶ月~2ヶ月が目安となっていますので
なるべく使い切るようにしましょう。

ただ
冷蔵保存だと油自体が
固まってしまうことがある事も
忘れないようにお願いいたします。

4. 油は冷凍保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

油は常温で
液体の状態を
保つものが殆どです。

そのため極端に
温度の低い場所での保管は
油自体が凝固するため

使い勝手が悪くなりますが
油の天敵である

  • 温度
  • 空気

を遮断できるため

『酸化』が置きにくい状態に
なると考えられます。

しかし
ボトルのまま冷凍庫に
保管するのは場所をとってしまうので

なるべく小さい器などに
移して保管したほうが
良いと考えられます。

ですが冷凍保存は
解凍する際に冷凍の間に出来た
極わずかな水分が

油に混入することも考えられますので
保存方法としては
あまり適さないように思います。

仮に
保存できたとしても
賞味期限は常温保存と同じ

1ヶ月~2ヶ月が
限度ではないかと考えられます。

油は冷暗所での保存が
一番とされているので
無理に冷凍はせず

1ヶ月~2ヶ月のスパンで
こまめに使い切ることをおススメします。

スポンサードリンク

5. まとめ・油の最適な保存方法

油の保存方法としては
常温の冷暗所での保存が
一番適しています。

ガス台の下や棚したなどの
影になるような場所で

未開封の場合でしたら1年
開封した場合は
1ヶ月~2ヶ月を目安に
保存してください。

油は常温で
液体として存在できますが

0度以下になると固まってしまい
使い勝手が
悪くなることを
忘れないようにして下さい。

また
油の種類によっては
保存する場所が変わってきます。

ごま油などは
冷蔵庫での保存が
良いとされていますが
オリーブオイルなどは
常温保存で充分です。

基本的に油は
腐ったりはしませんが

  • 空気

にさらしたり
気をつけないと

『酸化』現象がおき
油がドロドロしたり

油の色が濃くなったり
においが臭くなったりします。

そうした状態が確認できたときは
無理に使うことはせずに
廃棄するようにしてください。

廃棄方法としては
固形凝固剤を使うか
細かく切った古着や新聞紙などに
浸み込ませて燃えるゴミとして

捨てていただくと環境に
配慮することが出来ます。

長期保存の利きそうな油ですが
適切な保管方法をとらないと

すぐに劣化してしまうので
お気をつけてご使用ください。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ