桃の保存方法と保存期間について 冷蔵庫保存か冷凍保存か?




桃ってすぐに色が変わってしまうので
保存方法や保存期間を
考えないといけません。

冷蔵庫保存でいいのか、
それとも、冷凍保存するべきか?

気になったので調べてみました。

スポンサードリンク


1. 桃はどれぐらいで腐る?
どうなったら捨てるべき?

桃は冷蔵保存よりも常温保存が
向いている食材になります。

常温保存をすると
追熟するのでより甘くなります。

しかし、
常温だと腐りやすくなります。

桃の熟れ具合にもよって
変わってきますが、

保存の仕方に異なりますが
常温でしたら購入日から3日ぐらい、
冷蔵保存は5日が限度とされています。

それ以上になると腐ってきます。

腐った部分は変色し、
異臭もしてきます。

そして、
状態が進むとその部分から
カビが生えてきますので、
この状態になってしまったら、

もったいない気もしますが
捨てるようにして下さい。

そのまま生ごみとして捨てることが出来ます。

2. 桃は常温保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

常温保存する場合は、
買ってきた桃を一つずつ
ネットがついた状態のまま
新聞紙で包み、

風通しの良い冷暗所などで
保管されるのがおススメです。

テーブルの上などでも大丈夫ですが、

少し気温が高くなると
腐ってきてしまうことがありますので、
よく注意しておいて下さい。

またちょっとした傷がつくだけでも、
その部分から腐ってしまうことが
あるので取り扱いには充分お気をつけ下さい。

柔らかくなった後は、
購入日から3日ぐらいには
食べるようにして下さい。

3. 桃は冷蔵保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

桃丸ごとの状態でしたら、
冷蔵保存よりも常温保存の方が適しています。

冷蔵保存は食べる直前の
2時間から3時間ぐらい前に
行うようにしたほうが、

柔らかい桃を食べることが
出来ると思います。

やむ終えず冷蔵保存する場合も
一つ一つ新聞紙やラップなどに
包み野菜室で保存してください。

また、
切って食卓に出した桃ですが
余ってしまった場合、

レモン汁などをかけて
ジップロックや真空パックなどの
ビニール袋に入れて
冷蔵保存すると長持ちします。

この方法だと
『酸化』による変色等も
ある程度防げるそうです。

冷蔵保存の場合は長くても5日、
出来れば2・3日以内に
召し上がって頂くのが宜しいようです。

4. 桃は冷凍保存できる?
賞味期限の目安はどれぐらい?

生の桃を食べたい場合、
冷凍保存は余り向いていません。

というのも解凍しても
元の状態には戻らないため
べシャッとした桃になってしまいます。

その為、
冷凍保存された桃は
スムージーやシャーベットなどの
加工品として召し上がって頂くのが
おススメになります。

余った桃を食べやすい大きさに切って、
変色を防ぐために
レモン水に潜らせ、

キッチンペーパーで
余分な水気をふき取ります。

ここで好き好きですが、
砂糖をまぶしておくと
解凍したときにまた違った
味わいになります。

この桃をジップロックや
フリーザーパックなどに
平らになるようにしっかり空気を抜きながら
入れて冷凍庫へ保存してください。

そのままの状態か
半解凍した状態にして食べると
シャーベットのような味わいになるそうです。

冷凍した桃の保存期限は
長く1ヶ月ほどは持つそうなので、
それを目安に食べきるようにして下さい。

スポンサードリンク

5. まとめ・桃の最適な保存方法

桃の最適な保存方法として、
常温保存で追熟させた後に、
冷蔵庫で保管します。

ただし、
購入日から3日ぐらいには
食べきるようにして下さい。

保存するときはネットを
付けたままの状態で
新聞紙に一つずつ包み、

風通しの良い冷暗所での
保管がおススメです。

冷蔵庫に移すときは
食べる2時間~3時間前に
冷蔵庫に入れて冷やしておくと
美味しく召し上がれます。

冷蔵庫で保管する場合は、
一つ一つ新聞紙などで包んだものを
野菜室に入れて保存して下さい。

ただし、
こちらも5日ぐらいを
目処に食べきるようにして下さい。

カットして余った桃は
レモン汁をかけて、

密閉性の高いジップロックなどで
保存すると変色も防げて長持ちしますが、
成るべく早く召し上がるようにして下さい。

生で美味しく食べたい場合は
常温で追熟させた後に
冷蔵庫で冷やすのがおススメの方法です。

また、
カットした桃でどうしても
食べきれない場合は、
冷凍保存がおススメですが、

解凍したときは
生の時の様に召し上がれないので、

ジュースやシャーベットとして
召し上がって頂くと宜しいかと思います。

桃はちょっとした傷にも
敏感に反応するので、

取り扱いには充分にお気をつけ下さい。

傷がついた場合は
そこから変色し腐ってきます。

また異臭もしてくるので、
そうなった場合には

生ゴミとして処分されたほうが
宜しいかと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ